百聞は一見に如かず、行って触れて感じ取れ!

オープンキャンパスに行ってみよう!

オープンキャンパスで体験できることはたくさんある。

校舎やキャンパス、図書館や学食などの施設内に入って見学できるツアーや、体験講義や模擬授業などがある。
研究内容の説明や、学長・学部長の講義が聴講できる大学もある。
大学にある各学部で何を勉強できるかなどのカリキュラムの案内や、その大学で取得可能な資格などの説明をしてれる。
勿論、入試や入学後のサポートといった学生生活を送る上での相談や、希望者には個別の進路相談の受付も行っている。

オープンキャンパスの開催時期はだいたい7月か8月に行われている。
夏休みを利用して是非参加していただきたい。
この時期に参加できない生徒のために、一部の私立大学や専門学校では通年のオープンキャンパス(土・日)をやっているので学校に事前に電話して日程を相談してみるといいだろう。

学祭や学校のイベントに顔を出してみよう!

オープンキャンパス以外でも大学や学校のイベントに参加するという手もある。

学祭や学校のイベントなど学校公開をしている時を狙って、様子を見にいってみるのもいいかもしれない。
オープンキャンパスとは違う普段のキャンパスの雰囲気を味わうことが出来るし、どんな課外活動があるのか、学生たちに人気の部活は何かなど、その大学や学校の特徴を掴みやすいからだ。

全国的に大学の学祭は毎年秋の10月から11月中旬に行われているため、夏休み中にオープンキャンパスに行き逃した君も心配ない。
学祭は各大学や学校のカラーがしっかりと出るので、そこに通う学生のタイプや雰囲気をしっかり感じ取ってほしい。

パンフレットや資料には載っていない、その学校が持つ本来の校風を体感していただきたい。